SECUDRIVE USB Copyファイルコピー性能テスト

IMG 11

SECUDRIVE USB Copyファイルコピー性能テスト

SECUDRIVE USB Copyプログラムを利用すると、USBファイルコピーの速度がどれくらい改善されるかテストしてみました。

テスト環境
TEST USBメモリ Zyrus Nextik-PRO 4GB
TEST PC
CPU : Intel Core i5-2500 3.30GHz
Memory : 4GB
OS : Windows 7 Ultimate K 64Bit
Main Board : Gigabyte GA-H67A-UD3H-B3
HDD : WD 1TB Caviar BLUE
USBメモリType : Renesas Electronics USB 2.0 HUB 4Port 4EA
TEST File ISO Image File : 14,316,339,200bit (1.6GByte)

USBメモリ速度TEST

本格的な性能テストをする前にテストに使用するUSBメモリの読み取り速度、書き込み速度を確認してみます。

SECUDRIVE USB Copyプログラムがいくら優れた性能を発揮したとしても、USBメモリのハードウェア自体の性能を追い越すことができないためです。

テストでは、ATTO Disk Tool v2.47を使用し、結果は次のようになりました。

最大読み取り速度 最大書き込み速度
Zyrus Nextik-PRO 4GB 126.4Mbps (15.8 MB/s) 48.0Mbps (8.0 MB/s)

USB メモリ 1個にファイルコピーテスト

まずUSBメモリ1個を取り付け、SECUDRIVE USB Copyでファイルをコピーしてみました。USBメモリ1個にファイルをコピーするのにかかった時間は5分30秒です。

USBメモリ 8個にファイルコピーテスト

次に8個のUSBメモリを取り付け、ファイルをコピーしてみます。USBメモリ8個にファイルを同時にコピーするのにかかった時間は7分 40秒です。

USBメモリ16個にファイルコピーテスト

最後にUSBメモリ16個を取り付け、ファイルコピー速度をテストしてみます。USBメモリ16個にファイルを同時にコピーするのにかかった時間は 11分30秒 です。

結論

USB USBメモリの個数を16個まで増やしてみると、コピーの速度も331Mbpsまで増加するのが確認できました。つまり、8個のUSBメモリを一度にコピーすると1個ずつコピーするのに比べ約5.8倍、16のUSBメモリ個を一度にコピーすると約 7.7倍早くファイルをコピーすることができます。USB 2.0の最大帯域幅が480 Mbpsなので、USBメモリ16個をコピーする際の最大帯域幅の70%程度を使用することが確認できます。

USBメモリ
個数
記録する
データの総量
総所要
時間
コピー
速度
速度
増加率
1個 14,316,339,200bit 330秒 43Mbps 1.0
8個 114,530,713,600 bit 460秒 248Mbps 5.77
16個 229,061,427,200bit 690秒 331Mbps 7.70